主任司祭からのご挨拶

「もっとも、わたしが福音を告げ知らせても、それはわたしの誇りにはなりません。そうせずにはいられないことだからです。福音を告げ知らせないなら、わたしは不幸なのです。」(聖パウロのコリントの信徒への第一の手紙9章16節)

 

人はみな幸せを求めて生きています。聖パウロはコリントに始まったばかりのキリスト信者に向かって上記のように言いました。福音を告げ知らせないなら不幸なのだと。逆に言えば福音を告げ知らせることが彼の最高の幸せ、人生の意味そのものであったのです。多くの人が人生の道に迷い、苦しんでいる中で、「私が道であり、真理であり、命である」(ヨハネ福音書146節)と宣言し、この世の最後の瞬間まで世を愛し抜かれたイエス・キリストこそ真理と命への道だと信じた者たちが、この月寒の地に根をおろして50年以上が経ちました。福音、良い知らせを伝えるべく、カトリック月寒教会は存在しています。扉はいつも開いています。いつでも気軽にお越しくださいませ。

                                                        (祐川郁生神父)

今週の聖書朗読

2017年

9月

17日

年間第24主日 2017.9.17

「生きるにしても、死ぬにしても、わたしたちは主のものである」(ローマ14・8)

続きを読む

イベント

2017年

8月

27日

チャリティバザー

快晴に恵まれ、良いチャリティバザーの日を迎えることができました。ご近所の方々や他の教会からも多くの方々が参加されました。ありがとうございました。

 

バザーの収益金は、すべて国内外の社会福祉活動の支援及び国内災害被災地の復興支援のために役立てられます。皆様のあたたかいご理解とご協力に感謝申し上げます。

2017年

8月

26日

チャリティバザー

8/27 カトリック月寒教会でチャリティバザーが行われます。おでん、焼きそば、JOC、教会学校、ベトナム料理、フィリピン料理、とうきび、そして光明社出張販売など、盛りだくさんの出店で皆様をお待ちしております。

 

✳️バザーの収益金は、すべて国内外の社会福祉活動の支援及び国内災害被災地の復興支援のために役立てられます。