年間第17主日

「イエスは座っている人々に、欲しいだけ分け与えられた」(ヨハネ6・11)

本日のミサの司式は祐川神父様です。またルーテル派からカトリックへの入会式(堅信式)が行われました。

 

『神の関心は人々が飢えるこについてです。その後に、み言葉が述べ伝えられました。

私たちは<日ごとの糧を今日もお与え下さい>と祈ります。胃袋を満たすことが大切なのです。

少年は持っているパン5つと魚2匹、全てを差し出しました。そして少年には名前がついていなかった。それは私たち一人ひとりの名前かもしれません。1982年にヨハネ・パウロ・2世はエジンバラでの説教で<あなた方をイエスの御手に委ねなさい>と言われました。

 

過去に教会は分裂してきました。信仰は1つ、主は1つ。エキュメニズムです。今日ルーテル派からカトリックへ入会する方の入会式(堅信式)を行います。エキュメニズムが広がっていき、5千人が満腹になりあり余るほどになります。』(説教の一部を抜粋)