復活節第4主日

「良い羊飼いは羊のために命を捨てる」(ヨハネ10・11)

本日のミサは祐川神父様にて行われました。

説教の一部をご紹介いたします。

 

『今日は羊飼いのお話しです。キリストは<わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている>神は自ら牧者となって羊を養うと言っています。

 

教皇フランシスコは<司祭は良き牧者にならなければいけない。羊の匂いのする牧者で、その匂いを身につけなさい>と言われました。キリストを中心にとした世界を作りキリストの色になるのです。

 

これから月寒教会の総会もあります。キリストの視点で話し合いができますように。』(説教の一部を抜粋)