四旬節第2主日

「あなたは、自分の独り子である息子すら、わたしにささげることを惜しまなかった」(創世記22・12)

本日の司式は黙想会の講師でお出でいただいたヨセフ・ヘンリー・エアハルト神父様とパク神父様の共同司式です。

ヨセフ神父様の説教の一部をご紹介いたします。

 

『神のお計らいに選ばれた人々は素晴らしいです。黙想会に参加するということは〜神との交わりに参加するため、かけがえのない自分がいることを知ることです〜。黙想は心の祈り。私たちも変容できますように。父と子と聖霊。偉大なお計らいを実行できるように祈り続けましょう。  』(説教の一部を抜粋)