主の公現

「わたしたちは東方から王を拝みに来た」(マタイ2・2)

本日のミサの司式は朴神父様です。

説教の一部をご紹介いたします。

 

『今日は成人の祝福をする予定でしたが、どなたもいらっしゃらないです。とても残念です。

皆様が成人の頃に戻り、説教をお聞きください。

 

主の公現の主日。全人類に現れたという意味です。全ての人々がイエスを敬うようになったということです。黄金・没薬・乳香を十字架から吊るされたイエスにプレゼントされました。

全ての人々の尊敬を受ける主のご降誕の意味です。

 

イエスのような大人になってください。2000年もの間、世の人々に尊敬を受けている・・なぜでしょうか?

それはイエスが何も一言も話していないからです。イエスに文句を言ってもイエスとどのようにしていますか? 十字架上からぶら下がったままで一言もおっしゃらない・・聞いてばかりです。

尊敬されたければ、聞いてばかりいて、何も言わないでください。頭をこっくりこっくりするだけです。

教会に来て、文句を言ってください、イエスは話しを聞いでくださいますから。

黙想しましょう。』(説教の一部を抜粋)