待降節第3主日 2017.12.17

「あなたがたの中には、あなたがたの知らない方がおられる」(ヨハネ1・26)

ミサ

今日は祐川神父様、朴神父様による共同司式でミサが捧げられました。

祐川神父様の説教の一部をご紹介いたします。

 

『今日ミサにいらした方々は色々な出会いを経験します。この形は今だけです。昨日は東京カテドラルでタルチシオ菊地大司教様の着座ミサがあり行ってきました。そこで岡田大司教様の説教で今日のヨハネの箇所を話されました。ヨハネは光について証しするために来たのです。彼はエリアでもない。メシアでもない、預言者でもない。ヨハネはメシアの道を整えたのです。キリストが光であると証しするのです。私たちも同じです。メシア到来を今でも待っています。 

 

自分の人生と照らしながらキリストを証ししていく。雨の日も、風の日も。落ち込んでいる時は誰かが助けてくれる。私と神との繋がりは兄弟へと繋がっていく。キリストは私たちに<あなたの愛を私に見せて下さい。>と問われます。

 

クリスマスを前に吟味していきたいと思います。』(説教の一部を抜粋)

南白石小学校合唱部コンサート

お隣の「南白石小学校合唱部」の皆様によるクリスマスキャロルがありました。

天使の歌声にうっとり。。

 

"皆様の歌声が私たちの心のなぐさめとなります"

 

ありがとうございました。

ウィリディスチャリテイコンサート

イースタービレッジのために「中世ヨーロッパのクリスマス・キャロル」が行われました。

中世の不思議な世界へと飛んでいったような。。

ウィリディスの皆様、ありがとうございました。