年間第16主日 2017.7.23

「["霊"は]弱いわたしたちょ助けてくださいます」(ローマ8・26)

本日のミサの司式は朴神父様です。休暇で滞在されていた韓国から帰国され、

第一声は「ただいま〜」

朴神父様の説教の一部をご紹介いたします。

 

『今日の福音はいったい誰に向かっておっしゃっているのか。使徒たちに審判しないで下さいということです。人々が神の代わりに審判者になってはいけないということです。

 

私たちの周りにはたくさんの誘惑、悪があり、倒れてばかりいます。解放が大切です。

今日の福音では四つのポイントがあります。一つは教会は罪びとを受け入れる。二つ目は人を審判しない。

三つ目は自己改革に挑む。そして四つ目は世の中の悪い事に取り組む。

 

ミサの中で黙想していきたいと思います。』(説教の一部を抜粋)