四旬節第4主日 2017.3.26

「人は目に映ることを見るが、主は心によって見る」(サムエル上16・7)

本日のミサは黙想会のためお出で頂いた長崎教区の嘉松宏樹神父様と祐川神父様との共同司式です。

嘉松神父様は「私たちは光の中に歩むことができると教えられています。<神は人間が見ているようには見ない>私たちは本当に見えているのか問いかけられています。あなたが見ておられるように私にも見せてくださいと祈ります。」とお話しくださいました。(説教の一部を抜粋)

 

また洗礼志願者のための祈りが捧げられました。