年間第16主日 2016.7.17

「お客様、僕のもとを通り過ぎないでください」(創世記18・3)

本日のミサは、祐川神父様とロー神父様の共同司式です。祐川神父様の説教の一部をご紹介します。

 

『今日の福音朗読は、マリアとマルタの物語です。イエス様はお答えになっています。<必要なことはただひとつだけである>と。これはマルタだけではなく、私たち一人一人に呼びかけられていまる言葉です。必要なことは多くはないのです。
ある家族の話しです。日本のあるお父さんは家族のために忙しく一生懸命働いている。そしてある日、気が付いたら家族が崩壊していた。

フィリピンでは貧しいが毎日毎日を生き、きずなを大切に生きています。毎日をルーティンとしてやっているを、「なぜ?」と原点に戻る必要があります。イエス様は内側を準備してくださいます。マリアとマルタのバランス、祈りと働きのバランスが大切です。イエス様は"マルタ、マルタ"と、愛情をかけて2度呼びかけています。2人の生き方、共同体の中で、この地で、バランス感覚を保つようにミサの中で祈っていきたいと思います。』(説教の一部を抜粋)