キリストの聖体 2016.5.29

本日のミサ司式はロー神父様です。ロー神父様の説教の一部をご紹介いたします。
『イエスと食卓を囲んだ時、弟子たちにはご聖体のことがわからなかった。
ヨハネ・パウロ2世が教皇様の時、ヨーロッパの責任者はローマで会議をしてパパ様にご挨拶をしに行く事をしようと思いついた。もちろん、その計画は歓迎されたが、パパ様は、<それぞれの国の中で十分食べ物を食べる事ができない人、苦しんでいる人々に食べ物を見つける仕事がある>とお話しされました。
ご聖体に対して心を準備しなければならないがキリストの力を頂いて、神から頂いた良い勉強を1つの教訓として出されたのです。
2000年前に出された単純な言葉を同じキリストに照らされて、ご聖体のためだけではなく、日々、キリストから動かされるように祈りたいと思います。』(説教の一部を抜粋)