復活節第3主日 2016.4.10

「さあ。来て、朝の食事をしなさい」(ヨハネ21・12)

【ミサ】

本日の司式は、ロー神父様です。説教の一部をご紹介いたします。

 

『キリストはペトロが2〜3週間前に三度キリストを否んだことを、ペトロに思い出してもらいたかったと思っているに違いない。但し、キリストはキリストに対し、赦しを願いなさいと注文は出しておりません。

ペトロは三度否んだことを忘れてはいなかった。謙遜な人間になったのです。

パウロもキリストを迫害する立場から宣教する立場に変わった。ペトロとパウロの間に問題はなかった。パウロはリーダーとしてのペトロを尊敬していたからです。

 

キリストがペトロに言った「従いなさい」という意味は<私の後に根気よく同じ道を歩みなさい>という事です。ペトロはリーダーというより、ペトロがいつも立っている事を思い出しなさいという事です。キリストとペトロには目に見えない繋がりがあります。

 

ペトロと同じ信仰を私たちは持っているのか? 今のこの時代で、どのようにキリストに従っていくことができるのか?

キリスト信者とキリストとの間で、目に見えないキリストに一歩一歩努力して祝福されるようミサの中でお祈りしましょう。』( 説教の一部を抜粋)

【ロー神父様霊名のお祝い】

ロー神父様の霊名<ユリオ4/12>のお祝いをいたしました。子ども達から長〜いリボンがついた花束と霊的花束のプレゼントがありました。ユリオはユリウス、ジュリアスのイタリア語読みです。神父様は以前「私の霊名は日本人のようだ、ユリオだから」と笑顔で仰っていたことを思いだします。

ロー神父様、霊名の祝日(4/12)おめでとうございます。