復活節第2主日 (神のいつくしみの主日)2016.4.3

「信じない者ではなく、信じる者になりなさい」(ヨハネ20・27)

本日のミサの司式はロー神父様です。ロー神父様の説教の一部をご紹介いたします。

 

『今日の福音の<見て信じる信仰>のトマスについては良く知られています。ミサの中に<主は皆さんとともに。平和がありますように。>が入っています。<見ないで信じる人は幸い>これは私たちにぴったりあてはまります。

 

洗礼の時、私たちはキリストにお捧げしました。聖ベトロの信仰に似ています。つまり自分の失敗を深く思い出し、元の仕事に戻っていたがしかし、キリストはペトロが<イエス>についていきたいという気持ちを復活させ、ペトロはキリストについていきました。

 

ミサの中に出てくる挨拶はキリストが一人ひとりへの呼びかけが含まれています。キリストからの呼びかけを何度も頂く、心にも体にも。そしてついていきたいという気持ちをもう一度お捧げすることができます。

キリストはいなくなったら聖霊を送ると言われました。

 

私たちの心の中に挨拶だけではなく、聖霊の約束が実施されるように、実行していくためにずっとキリストが手伝って下さるようにミサの中でお捧げしたいと思います。 』(説教の一部を抜粋)