待降節第2主日 2015.12.6

「人は皆、神の救いを仰ぎ見る」(福音朗読主題句ルカ3・6)

本日のミサの司式は祐川神父様とロー神父様による共同司式です。祐川神父様の説教の一部をご紹介します。


『<主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ。谷はすべて埋められ、山と丘はみな低くされる。曲がった道はまっすぐに、でこぼこの道は平らになり、人は皆、神の救いを仰ぎ見る。>


誰も知らないところで、誰からも相手にされない人々と共に神の救いの業が始まる。一方的ではなく、私たちの努力も入れる。キリスト者のアイデンティティ、それは原点に戻る事です。私たちが見るのは現代の馬小屋。原点を見つめながらクリスマスを迎えることができますように。』(説教の一部を抜粋)