年間第16主日 2015.7.19

「キリストは、・・・・十字架によって敵意を滅ぼされました」(エフェソ2・15-16)

本日のミサの司式はロー神父様です。

ロー神父様の説教の一部をご紹介いたします。


『パウロの言葉に<平和>が何度も出てきます。今日の共同祈願の一つに<苦しむ人々の思いや痛みを、いつもともにされる主の姿に倣い、私たちも人々の中で、神の愛の福音をあかしすることができますように>とあります。これを読むと、ギリシャの中で何年も間、苦しんできた市民を思い出します。自分の家族をどのように育てるのか、仕事はどのようになるのか、私たちはどう変わっていくのか、60年前に戻るのかなどテレビや新聞に書かれています。毎日心配しています。私たちは大したことはできないけれど、ギリシャのために祈りをもって手伝うことはキリストの喜びになります。聖堂でイエズス様に手伝って下さるように、神の前に福音を証することができますように祈りたいと思います。何かの形で参加できることがあれば、イエズス様の愛の福音を実行することになり、キリストと繋がることになります。共同祈願でそれぞれの心の中に具体的に支えることができますようにお願いしたいと思います。』(説教の一部を抜粋)

写真

・2F小聖堂での「聖歌隊の練習風景」

・おにぎり販売の準備をしているC(西岡地区)の皆様

・ミサ前の聖堂風景

・奉納

・感謝の典礼